日本応用心理学会 Rotating Header Image

メールニュース Vol. 162 2018年12月26日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 162
2018年12月26日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のことと拝察申し上げます。

さて,
 先日の常任理事会で,第85回大会における優秀大会発表賞受賞者が決定いたしました。
学会賞選考委員会より連絡がありましたので会員のみなさまにお知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
第85回大会「優秀大会発表賞」について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日本応用心理学会    
優秀大会発表賞選考委員会

 以下の発表が受賞となりました。おめでとうございます。

◆◆◆ 口頭発表 ◆◆◆
踏切標識のデザインが自動車ドライバーの行動を変容させる
○上田 真由子(大阪大学大学院人間科学研究科)
 和田 一成(西日本旅客鉄道株式会社安全研究所)
 臼井 伸之介(大阪大学大学院人間科学研究科)

◆◆◆ 第1部門 原理・認知・感情 ◆◆◆
プルースト現象が主観的幸福感および認知課題遂行に及ぼす影響
「食」に関するにおい刺激を記憶想起手がかりとして用いた検討
○小林 剛史(文京学院大学人間学部)
 白井 真菜美(文京学院大学大学院人間学研究科)

◆◆◆ 第2部門 教育・発達・人格 ◆◆◆
小中学生の学習行動を促進する介入方法の検討 (1)
   自己価値への介入が自己評価に及ぼす影響
○埴田 健司・小林 寛子・磯 友輝子・角山 剛
  (東京未来大学モチベーション行動科学部)

小中学生の学習行動を促進する介入方法の検討 (2)
   利用価値への介入が理科の価値認知・興味追求に及ぼす影響
○小林 寛子・埴田 健司・磯 友輝子・角山 剛
  (東京未来大学モチベーション行動科学部)

◆◆◆ 第3部門 臨床・福祉・相談 ◆◆◆
精神疾患簡易構造化面接法(M.I.N.I.)による自殺の危険度と、サークル・テストにおける時間的発展性(志向性)・優位性との関係について
○藤野 美香(日本大学大学院総合社会情報研究科)
 和田 万紀(日本大学大学院総合社会情報研究科・日本大学法学部)

◆◆◆ 第4部門 健康・スポーツ・看護・医療 ◆◆◆
日藝版「癒し」評価スケールを用いた花や写真の鑑賞による癒しの評価
   気分・不安障害に関する2群間の比較
○内田 誠也・木村 友昭・山岡 淳(一般財団法人MOA健康科学センター)

◆◆◆ 第5部門 犯罪・社会・文化 ◆◆◆
妖怪の生起メカニズムと社会的役割の検討 (2)
代表的な妖怪の類型化と現代における代替物
○高橋 綾子(東洋大学大学院社会学研究科)・桐生 正幸(東洋大学)

◆◆◆ 第6部門 産業・交通・災害 ◆◆◆
チャイルドシート不使用と関連する保護者の認識
○中野 友香子・岡村 和子(科学警察研究所交通科学部)

[敬称略,○印は責任発表者,所属は受賞当時,順不同]