日本応用心理学会 Rotating Header Image

メールニュース

メールニュース Vol. 125 2017年9月4日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 125
2017年9月4日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会 会員各位

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
笹川科学研究助成の公募についてお知らせいたします。


2017.9.1 Vol No.114

2018年度笹川科学研究助成の公募について下記のとおりご案内します。

■申請期間
【学術研究部門】・【実践研究部門】
 ・ユーザ登録:2017年 9月 4日 開始
 ・申請期間:2017年 9月15日 から 2017年10月16日 23:59 まで

  ※実践研究部門の受付締切が早まり、学術研究部門と同じとなりました。

■主な募集対象者
【学術研究部門】
 ・大学院生(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の若手研究者
【実践研究部門】
 ・博物館、NPOなどに所属している者

■申請方法
 本年度から、Webでの申請となりました。
 詳細は本会Webサイトをご確認下さい。

・本会Webサイト
 http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

■ご周知について
 下記のポスターを印刷し、ご周知頂けますと幸いです。
・募集告知ポスター
 http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/poster.pdf

◆本会Webサイトにリンクをしていただける際には,お知らせ願います。

 ≪お問い合わせ先≫
  公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
   TEL:03-6229-5365  FAX 03-6229-5369 
   URL:http://www.jss.or.jp
   E-mail:josei(at)jss.or.jp
   ※[(at)をアットマークに換えてご連絡ください]

メールニュース Vol. 124 2017年8月19日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 124
2017年8月19日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会 会員各位

2016年度 日本応用心理学会「学会賞」

日本応用心理学会  
学会賞選考委員会

 日本応用心理学会では,2013年度度から「学会賞」を2部門(論文賞,奨励賞)に分け,学会賞の選考をおこなうことになりました。
 2017年度は,以下の2論文が受賞となりました。

◆◆◆ 「学会賞」(論文賞) ◆◆◆
[著 者] 大谷 亮
[論文名] 焦点化訓練が低学年児童の道路横断行動に及ぼす影響
[掲載誌] 『応用心理学研究』 第42巻 第2号,101-111,2016.
 
◆◆◆ 「学会賞」(奨励賞) ◆◆◆
[著 者] 成田 智恵子・来田 宣幸
[論文名] 伝統工芸士の職業継続要因とスキル修得に関する研究
[掲載誌] 『応用心理学研究』 第42巻 第2号,149-150,2016.

以上


メールニュース Vol. 123 2017年8月11日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 123
2017年8月11日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会則第5条・第6条および第7条にもとづき,次期の理事および監事の選挙が次の通りに行われますので,概要をお知らせいたします。

◆選挙人名簿の確定  2017年9月10日(日)
 
◆投票用紙の発送  2017年10月2日(月)
 
◆投票締切り  2017年10月23日(月)<当日消印有効
 
◆開票  2017年11月1日(水)<予定>
 

  • 選挙人名簿に掲載(選挙権,被選挙権)されるのは,2016年度までの年度会費を9月10日(日)までに納入している方,および2017年度の新入会員の方です。
  • 2016年度までの年度会費が未納の方は,9月10日(日)までに年度会費を振り込んでください。

メールニュース Vol. 122 2017年7月18日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 122
2017年7月18日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会会員各位

このたび,日本心理学諸学会連合事務局より公認心理師に関するお知おせがございます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
公認心理師関連情報の HP 掲載について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

一般社団法人日本心理学諸学会連合
加盟学会事務局 御中

平素より大変お世話になっております。
日本心理学諸学会連合事務局でございます。

以下の公認心理師関連情報をホームページに掲載いたしました。
< https://jupa.jp/ >
 ・日心連社員総会 質疑応答の要点(公認心理師に関するQ&A)
 ・公認心理師科目 英語表記

ご高覧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

以上


メールニュース Vol. 121 2017年6月29日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 121
2017年6月29日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一般社団法人日本心理学諸学会連合から,「公認心理師カリキュラム等説明会」のお知らせがありました。

大学関係者等を対象とした「公認心理師カリキュラム等説明会」の開催日時について,厚生労働省のHPに掲載されました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169114.html

どうぞよろしくお願い申し上げます。


「公認心理師カリキュラム等説明会の開催について」ページ抜粋

1.開催日時
平成29年7月31日(月)午前の部:10:00~12:00(受付開始9:00)
           午後の部:14:00~16:00(受付開始13:00)
(※)午前の部及び午後の部は同一の内容です。

2.開催場所
文部科学省3階講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2)

4.定員
午前の部及び午後の部において各400名


メールニュース Vol. 120 2017年5月15日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 120
2017年5月15日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会第84回大会の参加・発表申込の受付が延長となりました。
第84回大会は,8月26日(土)~27日(日)に,立正大学 品川キャンパスで開催されます。
多数の皆様にご参加・ご発表いただければ幸いです。

延長後の参加・発表申込の締切スケジュールは以下の通りです。

参加・発表申込み延長後締切 5月15日(月)24時
また,原稿投稿期限,費用前納期限は以下になります。
論文集原稿投稿締切     6月6日(火)24時
大会参加費・発表費等前納期限 6月8日(木)

詳細につきましては,以下の大会ホームページをご覧ください。

日本応用心理学会第84回大会ホームページ
http://conference.wdc-jp.com/jaap/84/index.html

大会 委員長:古屋 健 
大会副委員長:川名 好裕
大会事務局長:八木 善彦

大会についてのお問い合わせと連絡先
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本応用心理学会大会受付事務局
FAX:03-3368-2827
E-mail:jaap-desk[@]@bunken.co.jp
※[(at)をアットマークに換えてご連絡ください]

メールニュース Vol. 119 2017年5月2日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 119
2017年5月2日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 一般社団法人日本心理学諸学会連合から,公認心理師カリキュラム検討会あてに,「公認心理師制度に向けての要望」が提出されました。要望書の内容は,公認心理師法における「その他その者に準ずるもの」についてであります。
 詳しい内容につきましては,メールニュース添付のPDFをご覧ください。

メールニュース Vol. 118 2017年4月23日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 118
2017年4月23日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 先日の常任理事会で,2016年度若手会員研究奨励賞が受賞が決定いたしました。
おめでとうございます。受賞者を五十音順で紹介します。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 2016年度 「若手会員研究奨励賞」について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日本応用心理学会     
学会活性・研究支援委員会

[氏名]  萩原 広道
[所属]  京都大学大学院 人間・環境学研究科 共生人間学専攻 修士課程
[研究課題名]
  幼児期の言語獲得初期における胚性名詞の研究:名詞と動詞の未分化性と分化過程
[研究計画書より]
 従来の言語発達研究は,子どもの理解語・表出語を品詞ごとに分析することが中心だった。言語発達に遅れのある子どもへの支援もこの影響を受けている(名詞獲得を促すための絵カードの使用など)。これに対し,本研究は,子どもの内面にある語の意味内容を品詞という枠組みを超えて検証する。「胚性名詞」の存在が立証されれば,子どもたちは,初期の音声言語によって,モノそれ自体だけでなく,モノに関連する活動や状況など,モノを取り巻くさまざまな価値の世界を見出し,理解・表現していることが明らかとなる。言語の形成に障害がある子どもたちに対しても,療育実践の現場で,モノと発語を1対1で組み合わせて訓練するような方法ではなく,胚性名詞の観点から,言語獲得のための新たな保育・療育の方法を提起することができる。

[氏名]  宮川 裕基
[所属]  帝塚山大学大学院 心理科学研究科 博士後期課程
[研究課題名]
  就職活動における不採用に対処する心理的資源の検討  セルフコンパッションに着目して
[研究計画書より]
 不採用は就職活動生にとって心理的負担が大きい。不採用に対する成長志向的対処の重要性を指摘する知見はあるものの,どうすればそのような対処を行使できるのかという研究視点は僅少であった。本研究では,就職活動を重視している場合,SC(セルフコンパッション)が高い人ほど,不採用に成長志向的対処を行いやすいため,満足できる別の企業から内定を得やすいというモデルを提起する。就職活動におけるSCの有用性を示すことで,これまでの就職活動研究の発展に寄与する。また,SCは介入により高まることが示されている。本研究の知見は就職支援の指針となり,SCを高める介入法の就職支援への応用可能性を示唆するという点で意義深いものとなる。

[敬称略,所属は申請当時]

以上

メールニュース Vol. 117 2017年3月26日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 117
2017年3月26日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
日本応用心理学会事務局からのお知らせをお伝えいたします。

【1】 年会費の納入について
日本応用心理学会の会期は4月1日より翌年3月末日迄です。2014年度の年会費をまだお振込みいただいていない方は,至急お納めくださいますようお願いいたします(2017年度の年会費請求書は,2017年4月上旬頃発送予定)。
ご注意ください
2014年度の年会費が未納の方は,2017年3月31日までに未納分の年会費をお振込みいただけない場合,日本応用心理学会会則により3年間の年会費滞納ということで,2016年度末をもって会費滞納による自動退会となります。あわせて,応用心理士の認定資格につきましても,失効となります。どうぞお早めにお手続きください。また,2016年度の年会費が未納の方は,2017年度より機関誌『応用心理学研究』の発送を停止いたしますのでご了承ください。
年会費のご納入が確認されましたら発送を再開いたします。
ご自身が2016年度会費について,未納かそうでないかをご確認なさられる場合は,「このメールニュースヘッダ部分」か「マイページ」にログインなさられるかしてご参照ください。
【2】 登録情報更新のお願い
新年度より,所属先の異動等で登録情報に変更がある方は,学会ホームページの会員専用「マイページ」より,登録情報の変更手続きをおこなってください。
https://www.bunken.org/jaap/mypage/logins/login
1)所属の変更
2)氏名の変更(改姓,改名)
3)住所の変更(所属・自宅,学会からの郵便物の郵送先)
4)メールアドレスの変更(所属・自宅)
5)メールニュース配信希望の有無
6)6)日本応用心理学会認定 「応用心理士」番号の確認
2017年4月上旬頃に,2017年度の年会費請求書をお送りする予定です。登録情報に変更の予定がある方は,お早めにお手続きくださいますようお願いいたします。
【3】 入会希望者にご案内ください
2017年4月20日(消印有効)までに入会申込書をご提出いただくと,入会審査を経たのち,第84回大会(立正大学)での発表資格が生じます。会員の皆様のお知り合いに,発表を検討されていて,まだ入会されていない方がいらっしゃいましたら,上記締め切りを周知いただけますよう,ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

メールニュース Vol. 116 2017年3月6日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 116
2017年3月6日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
日本応用心理学会大会受付事務局より,第84回大会についての連絡がありましたので,みなさまにお知らせいたします。


日本応用心理学会会員各位

日本応用心理学会第84回大会の参加・発表申込受付を開始致しました。
第84回大会は,8月26日(土)~27日(日)に,立正大学 品川キャンパスで開催されます。
多数の皆様にご参加・ご発表いただければ幸いです。

大会までのスケジュールは以下の通りです。

  発表資格のための入会申込み締切 4月20日(木)※必着
  院生会員区分への変更申請期限 4月20日(木)※必着
  学会会費納入期限 5月2日(火)24時
  参加・発表申込み締切 5月10日(水)24時
  論文集原稿投稿締切 6月6日(火)24時
  大会参加費・発表費等前納期限 6月8日(木)

詳細につきましては,以下の大会ホームページをご覧ください。

日本応用心理学会第84回大会ホームページ
http://conference.wdc-jp.com/jaap/84/index.html

大会委員長:古屋 健
大会副委員長:川名 好裕
大会事務局長:八木 善彦

大会についてのお問い合わせと連絡先
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本応用心理学会大会受付事務局
FAX:03-3368-2827
E-mail: jaap-desk(at)bunken.co.jp
※[(at)をアットマークに換えてご連絡ください]