日本応用心理学会 Rotating Header Image

メールニュース

メールニュース Vol. 163 2018年12月27日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 163
2018年12月27日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のことと拝察申し上げます。

この度,
本学会員名誉会員の福原眞知子先生より,マイクロカウンセリング学会の学術研究集会と研修会のご案内がありましたので,会員の皆様にお知らせさせていただきます。


◆平成30年度第2回研修会
  日時:2019 年3 月2 日(土)10:00~12:00,13:00~16:00
  ※詳細はこちら
  ※申込用紙ダウンロード

◆第11回学術研究集会
  全体テーマ:「人間性の回復―喪失の悲しみを超えて―」
  日時:2019年3月3日(日)10:00~17:20
  場所:アルカディア市ヶ谷 私学会館
  ※詳細はこちら
  ※お申込みはこちら

メールニュース Vol. 162 2018年12月26日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 162
2018年12月26日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のことと拝察申し上げます。

さて,
 先日の常任理事会で,第85回大会における優秀大会発表賞受賞者が決定いたしました。
学会賞選考委員会より連絡がありましたので会員のみなさまにお知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
第85回大会「優秀大会発表賞」について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日本応用心理学会    
優秀大会発表賞選考委員会

 以下の発表が受賞となりました。おめでとうございます。

◆◆◆ 口頭発表 ◆◆◆
踏切標識のデザインが自動車ドライバーの行動を変容させる
○上田 真由子(大阪大学大学院人間科学研究科)
 和田 一成(西日本旅客鉄道株式会社安全研究所)
 臼井 伸之介(大阪大学大学院人間科学研究科)

◆◆◆ 第1部門 原理・認知・感情 ◆◆◆
プルースト現象が主観的幸福感および認知課題遂行に及ぼす影響
「食」に関するにおい刺激を記憶想起手がかりとして用いた検討
○小林 剛史(文京学院大学人間学部)
 白井 真菜美(文京学院大学大学院人間学研究科)

◆◆◆ 第2部門 教育・発達・人格 ◆◆◆
小中学生の学習行動を促進する介入方法の検討 (1)
   自己価値への介入が自己評価に及ぼす影響
○埴田 健司・小林 寛子・磯 友輝子・角山 剛
  (東京未来大学モチベーション行動科学部)

小中学生の学習行動を促進する介入方法の検討 (2)
   利用価値への介入が理科の価値認知・興味追求に及ぼす影響
○小林 寛子・埴田 健司・磯 友輝子・角山 剛
  (東京未来大学モチベーション行動科学部)

◆◆◆ 第3部門 臨床・福祉・相談 ◆◆◆
精神疾患簡易構造化面接法(M.I.N.I.)による自殺の危険度と、サークル・テストにおける時間的発展性(志向性)・優位性との関係について
○藤野 美香(日本大学大学院総合社会情報研究科)
 和田 万紀(日本大学大学院総合社会情報研究科・日本大学法学部)

◆◆◆ 第4部門 健康・スポーツ・看護・医療 ◆◆◆
日藝版「癒し」評価スケールを用いた花や写真の鑑賞による癒しの評価
   気分・不安障害に関する2群間の比較
○内田 誠也・木村 友昭・山岡 淳(一般財団法人MOA健康科学センター)

◆◆◆ 第5部門 犯罪・社会・文化 ◆◆◆
妖怪の生起メカニズムと社会的役割の検討 (2)
代表的な妖怪の類型化と現代における代替物
○高橋 綾子(東洋大学大学院社会学研究科)・桐生 正幸(東洋大学)

◆◆◆ 第6部門 産業・交通・災害 ◆◆◆
チャイルドシート不使用と関連する保護者の認識
○中野 友香子・岡村 和子(科学警察研究所交通科学部)

[敬称略,○印は責任発表者,所属は受賞当時,順不同]

メールニュース Vol. 161 2018年11月30日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 161
2018年11月30日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

企画委員会より公開シンポジウムの連絡がありましたので,会員の皆様にお知らせ申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
日本応用心理学会 公開シンポジウム 2018
「自動運転が社会的に受け入れられるために」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本応用心理学会では,下記の通り公開シンポジウムを開催いたします。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

■日時:12月15日(土)13時30分 ~ 16時00分

■会場:立正大学 品川キャンパス 11号館5階 1151教室

■予約不要,参加費無料

■概要

<企画>
 日本応用心理学会 企画委員会
 篠原 一光 氏(大阪大学大学院人間科学研究科)

<共催>
 日本認知心理学会 安全心理学研究部会

<企画趣旨>
 自動車の運転支援・自動運転の技術開発が急速に進みつつある。世界中で自動 運転に関する様々な試みが行われ,人間が自ら自動車を運転することがない未来がすぐ近くまで来ているように感じられる。しかし自動運転にはまだ多くの解決すべき問題が残されており,その中の一つが自動運転に対する社会的受容である。新しい技術は,それを利用する人間が技術を理解・信頼し,「使ってもよい」「使いたい」と思って初めて受け入れられるが,これらはまさに使う側の心理の問題である。本シンポジウムでは自動運転を社会が受容するために,技術開発側とユーザ側の双方に何が必要となるのかを考えたい。

【話題提供者】
 ・赤松 幹之 氏
   (産業技術総合研究所自動車ヒューマンファクター研究センター)
  『ヒューマンファクターから見た自動運転技術の現状』
 ・小木津 武樹 氏(群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター)
  『群馬大学の自動運転の取り組み-社会実験から見えてくるもの-』
 ・三輪 和久 氏(名古屋大学情報学研究科)
  『自動システムとのインタラクション~認知科学からのアプローチ』
 ・八木 絵香 氏(大阪大学COデザインセンター)
  『技術の社会的受容と自動運転システム』

【指定討論者】
  芳賀 繁 氏(社会安全研究所)

【司会】
  篠原 一光 氏(大阪大学大学院人間科学研究科)

■アクセス
住 所:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
      立正大学 品川キャンパス
最寄駅:JR山手線大崎駅,五反田駅から徒歩5分
    詳しくは下記大学ホームページをご覧下さい。
    http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html

メールニュース Vol. 160 2018年11月6日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 160
2018年11月6日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本心理学会より公開シンポジウムのお知らせがございまいたので,会員の皆様にお知らせいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
公開シンポジウム
「災害の後に人の心はどう動くか
――被災された方や支える方のためのフィード・フォワード」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

災害の後に人の心はどう動くか――被災された方や支える方のためのフィード・フォワード

<参加無料・一般公開・当日参加可>

日時:2018年11月18日(日) 13:30―16:40(開場13:00)
会場:広島大学 東千田キャンパス A棟5階 501教室
   https://www.hiroshima-u.ac.jp/access/senda

概要:
 震災や豪雨災害を被災された人には,様々な心理が生じます。つらい体験でストレスを感じる方もいれば,災害から立ち上がり人間として成長する方もいます。日本心理学会では,東日本大震災後に特別委員会を設けて,被災した人の心にかかわる研究や支援活動を助成してきました。本シンポジウムでは,そうした研究や支援活動の成果をふまえて,様々な災害で被災された方の心に生じる変化について紹介し,これから起こりうることについて説明(フィードフォワード)いたします。
 中原元気氏は,西日本豪雨災害後に,スクールカウンセラーとして小中高等学校に支援に入られました。広島の被災状況や現場ではどんなことが起き,どのような心理的支援が行われたかをお話しいただきます。
 堀毛裕子氏は,東日本大震災で宮城県臨床心理士会の会長として,様々な心理臨床を統括され,臨床現場にかかわってこられました。東日本大震災において被災された方の心理がどのように変わっていったのかや,被災地での心理臨床活動のありかについてお話しいただきます。
 松井豊氏は,阪神・淡路大震災から被災された方の心理について研究し,現在は消防職員や看護師や一般公務員の方への心理支援を行っています。この体験を踏まえ,これから起こりうる被災後の心理を説明します。

企画:日本心理学会 東日本大震災復興支援特別委員会

講演者:
宮谷 真人(広島大学教授,日本心理学会常務理事)
 「シンポジウム開催にあたって」
中原 元気(広島県教育委員会)
 「西日本豪雨災害で被災された方に起きていること」
堀毛 裕子(東北学院大学)
 「東日本大震災の心理支援を踏まえて」
松井 豊(筑波大学)
 「被災された方の心にこれから起こりうること」

お申込み:参加費無料。どなたでもご参加いただけます。当日参加も可能
です。
事前参加申込を希望される方は,E-mail( jpa-event@psych.or.jp )にて,
件名に「11/18復興支援シンポ」と記入の上,以下の情報をお知らせくだ
さい。
・氏名・フリガナ
・性別
・年齢
・郵便番号,住所,電話番号

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
公益社団法人日本心理学会 事務局
住所:113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル内
Tel: 03-3814-3953 Fax: 03-3814-3954
E-mail: jpa@psych.or.jp (代表)
jpa-event@psych.or.jp (公開シンポ受付)
URL: https://psych.or.jp/
Twitter: https://twitter.com/jpa_psych
Facebook: https://fb.com/JapanesePsychologicalAssociation/
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

メールニュース Vol. 159 2018年9月27日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 159
2018年9月27日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

企画委員会より公開シンポジウムの連絡がありましたので,会員の皆様にお知らせ申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
日本応用心理学会 公開シンポジウム 2018
「自動運転が社会的に受け入れられるために」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本応用心理学会では,下記の通り公開シンポジウムを開催いたします。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

■日時:12月15日(土)13時30分 ~ 16時00分

■会場:立正大学 品川キャンパス 9号館9B22教室

■予約不要,参加費無料

■概要

<企画>
 日本応用心理学会 企画委員会
 篠原 一光 氏(大阪大学大学院人間科学研究科)

<共催>
 日本認知心理学会 安全心理学研究部会

<企画趣旨>
 自動車の運転支援・自動運転の技術開発が急速に進みつつある。世界中で自動 運転に関する様々な試みが行われ,人間が自ら自動車を運転することがない未来がすぐ近くまで来ているように感じられる。しかし自動運転にはまだ多くの解決すべき問題が残されており,その中の一つが自動運転に対する社会的受容である。新しい技術は,それを利用する人間が技術を理解・信頼し,「使ってもよい」「使いたい」と思って初めて受け入れられるが,これらはまさに使う側の心理の問題である。本シンポジウムでは自動運転を社会が受容するために,技術開発側とユーザ側の双方に何が必要となるのかを考えたい。

【話題提供者】
 ・赤松 幹之 氏
   (産業技術総合研究所自動車ヒューマンファクター研究センター)
  『ヒューマンファクターから見た自動運転技術の現状』
 ・小木津 武樹 氏(群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター)
  『群馬大学の自動運転の取り組み-社会実験から見えてくるもの-』
 ・三輪 和久 氏(名古屋大学情報学研究科)
  『自動システムとのインタラクション~認知科学からのアプローチ』
 ・八木 絵香 氏(大阪大学COデザインセンター)
  『技術の社会的受容と自動運転システム』

【指定討論者】
  芳賀 繁 氏(社会安全研究所)

【司会】
  篠原 一光 氏(大阪大学大学院人間科学研究科)

■アクセス
住 所:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
      立正大学 品川キャンパス
最寄駅:JR山手線大崎駅,五反田駅から徒歩5分
    詳しくは下記大学ホームページをご覧下さい。
    http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html

メールニュース Vol. 158 2018年9月14日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 158
2018年9月14日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

機関誌編集委員会より,「機関誌編集規程」の改訂についてお知らせがございましたので,ご案内を申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「機関誌編集規程」改訂のお知らせについて
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本応用心理学会 会員各位

機関誌編集委員会
委員長 軽部 幸浩

日本応用心理学会第85回大会総会にて,承認されました「機関誌編集規程」の改訂内容について,お知らせさせていただきます。

◆投稿資格について
投稿資格を新規に追加しました。投稿の際には,連名者を含めて日本応用心理学会の会員であり,投稿する当該年度までの会費を完納していること,また,審査中及び論文発行までの当該年度についても,遅滞なく納入することを要します。
投稿の論文を受け付ける際に,入会審査中や会費未納者がおられたときには,受付を保留します。また,論文の審査が次年度に入ったとき,会費が納入されるまで,審査は停止させていただきます。現行の編集規程とは,この点が大きく異なっております。ご注意ください。

◆著作権について
「本学会は,掲載原稿を電子化または複製の形態などで公開・配布する権利を有するものとする。」という文言を追加いたしました。

その他の事項につきましては,添付のPDFをご参照ください。

一両日中に,改訂した「機関誌編集規程」の全文を,学会ホームページへ掲載する予定です。

会員の皆様からの論文投稿をお待ちしております。
今後とも機関誌編集委員会をよろしくお願い申し上げます。

以上

メールニュース Vol. 157 2018年9月8日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 157
2018年9月8日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 学会活性・研究支援委員会より,「若手会員研究奨励賞」についてお知らせがございましたので,ご案内を申し上げます。

2018年度「若手会員研究奨励賞」の募集について

日本応用心理学会 会員各位

学会活性・研究支援委員会
委員長 古屋 健

 2018年度「若手会員研究奨励賞」の募集を,現在おこなっております。若手会員の皆様におかれては,是非ともこの機会を活用されてください。多数の応募をお待ちいたしております。詳しくは,学会ホームページ等をご覧ください。

◆若手会員研究奨励賞
 https://j-aap.jp/?page_id=7781

◆主旨

  • 日本応用心理学会の若手会員による優れた研究活動を支援することを目的とします。
  • 採択予定件数は3件,研究奨励金は1件当たり10万円とします。
  • 研究奨励金の使途は自由で,領収書等の提出は不要です。

◆応募資格

  • 応募年度の4月1日時点で30歳以下の者。
  • 本学会の院生会員で応募年度の会費を納めている者。
  • 学術論文(単著または筆頭著者)または学会発表(責任発表者)の研究業績を持つ者。
    ※ただし,学振研究員や大学,研究機関,企業等で常勤職にある者は応募できません。

◆選考方法

  • 事前審査として,機関誌編集委員会の部門別編集委員が当該部門からの応募者が提出した研究計画書と研究業績を評価します。
  • 事前審査の結果を踏まえ,選考委員会において優れた研究計画書を提出した応募者の中から受賞候補者を選考します。
  • 選考委員会の委員は4名以上(学会活性・若手支援担当常任理事1名,常任理事2名,理事1~2名)から構成されます。なお,候補者の関係者は選考に参加しません。
  • 応募年度の3月に開催される常任理事会で受賞候補者が推薦され,決定されます。

◆応募方法

  • 所定の書式による応募用紙(A4用紙3枚)に必要事項を記入の上,研究業績1点(コピー可)を添え,封筒に「若手会員研究奨励賞応募書類」と明記の上,簡易書留またはレターパックで郵送してください。
  • 応募用紙の書式は日本応用心理学会Webサイトよりダウンロードできます。
    ※応募締め切り:10月31日(当日消印有効)です。

メールニュース Vol. 156 2018年8月27日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 156
2018年8月27日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会
  会員の皆様

残暑厳しき折,いかがお過ごしでしょうか?

約ひと月遅れではございますが,応用心理学研究第44巻1号が刊行され,先週半ばに会員の皆様のお手元へお送りさせていただきました。機関誌発送のルールは,前年度会費納入者へお送りしています。

そこで,
お手元に機関誌第44巻1号が届いていないという方がおられましたら,学会事務局(国際ビジネス研究センター)にご一報ください。

皆様方の御健康と御清勝を祈念いたしております。

日本応用心理学会
機関誌編集委員会
委員長 軽部幸浩

メールニュース Vol. 155 2018年8月15日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 155
2018年8月18日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

85回大会優秀大会発表賞投票のお知らせ

 おかわりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 大会が近づいてまいりました。準備は進んでいらっしゃいますでしょうか?本年度の大会でも,皆様の投票により優秀大会発表賞を選考いたします。
 本年度は、口頭発表とポスター発表があり、それぞれから選考いたします。
 多くの投票をお待ちしています。

日本応用心理学会  
学会賞選考委員会

メールニュース Vol. 154 2018年8月10日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 154
2018年8月10日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2015年度 日本応用心理学会「学会賞」

日本応用心理学会
学会賞選考委員会

 日本応用心理学会では,2013年度から「学会賞」を2部門(論文賞,奨励賞)に分け,学会賞の選考をおこなうことになりました。
 前年度の機関誌「応用心理学研究」に掲載された論文の中から選考します。論文賞は,原著論文・総説論文の中から,奨励賞はそれ以外の論文の中から選ばれます。
 2018年度は,以下の2論文が受賞となりました。

◆◆◆ 「学会賞」(論文賞) ◆◆◆
[著 者] 宮川 裕基・谷口 淳一
[論文名] セルフコンパッションが友人関係における援助要請に及ぼす影響の検討
[掲載誌] 『応用心理学研究』 第43巻 第2号,113-122,2017
 
◆◆◆ 「学会賞」(奨励賞) ◆◆◆
[著 者] 豊沢 純子・竹橋 洋毅
[論文名] 110番通報要領に関する事前知識が通報の正確性と迅速性に与える影響
  模擬場面における訓練効果
[掲載誌] 『応用心理学研究』 第43 第1号,33-44,2017

以上