日本応用心理学会 Rotating Header Image

公開シンポジウム 2021

[テーマ] 「カスタマーハラスメント - 心理学的アプローチの可能性を探る -」

 今,日本において,カスタマーハラスメントが大きな社会問題となっている。消費者が,店員や担当窓口に対し過度な苦情や要求を行う「悪質なクレーム」が多発しており,その行為がハラスメントとなって精神的ケアを必要とする事案が生じているのである。
 これまで悪質なクレームに対しては,担当者の経験に基づく応対や法的措置にて対応を行ってきた。しかしながら,クレームタイプの多様化,悪質性判別の困難さ,手段の潜在化などにより,従来の方法では対処しきれない状況となり,新たな対応の構築が迫られている。
 そこで今回,最前線でこの問題に取り組んでいる方々をお招きし,現在のカスタマーハラスメントの実際を明らかにし,これからの対応について,心理学による研究アプローチの可能性を探り研究成果の社会への応用,実装を検討してみたい。
[日時]2021年12月11日(土)
13時30分~16時00分


画像をクリックすると拡大表示

[場所]東洋大学 白山キャンパス 1号館 1102教室
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
入場・参加費無料
入場は,東洋大学8号館正門より,
体温チェックを受けご入場ください。
[企画]日本応用心理学会 企画委員会
[共催]一般社団法人 ココロバランス研究所
[司 会]
  小嶋 理江 氏(名古屋大学)
[話題提供]
  桐生 正幸 氏(東洋大学)
  島田 恭子 氏(東洋大学・(社)ココロバランス研究所)
  安藤 賢太 氏(UAゼンセン)
  近藤 修 氏(日本対応進化研究会)
  阿部 光弘 氏(三井住友海上火災保険株式会社)
  宮中 大介 氏(慶応義塾大学・(株)ベター・オプションズ)
[指定討論]
  上市 秀雄 氏(筑波大学)

現代社会と応用心理学

現代社会を象徴する7分野のトピックを応用心理学の視座で浮かび上がらせ,人の行動と「こころ」を読み解くクローズアップ・シリーズ。
これから心理学を学ぼうとする高校生や大学生,心理学に興味のある人に最適の入門書!

クローズアップ 学校 クローズアップ 恋愛 クローズアップ 健康 クローズアップ メンタルヘルス・安全
クローズアップ メディア クローズアップ 高齢社会 クローズアップ 犯罪
※画像をクリックするとページが開きます

応用心理士

入会後2年を経過した方は,当学会が運営している資格「応用心理士」資格申請の基礎的条件を満たしています。この機会に資格要件の詳細を参照して,「応用心理士」の資格を申請していただきたくお願い申し上げます。「応用心理士」資格申請の手引きをクリックしていただければ,申請の手引きを見ることができます。

 「応用心理士」資格申請の手引き

 

申請受付期間

【前期】毎年4月1日~6月末日
【後期】10月1日~12月末日

 

申請書類の送付先
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町518 司ビル3F
株式会社 国際ビジネス研究センター内

日本応用心理学会認定
「応用心理士」事務局

「応用心理士」資格申請の手引き表紙

お知らせ

知的財産保護に関する声明

日本応用心理学会は,一般社団法人日本心理学諸学会連合(日心連)に加盟する学術団体です。このほど,日心連の子安増生理事長より,「心理学に関連する知的財産の保護に関する声明」が公表されました。本学会会員の皆様には,この声明文の趣旨,ならびに本学会「倫理綱領」を遵守されますよう,お願い申し上げます。


[これまでのお知らせ一覧]