日本応用心理学会 Rotating Header Image

応心アーカイブ

応心年次大会参加者の集合写真

第14回大会 第16回大会 第19回大会
第20回大会 第22回大会 第23回大会
第24回大会 第27回大会 第28回大会
第61回大会

心理学講座

「現代心理学の百科事典」として,日本応用心理学会が編集発行。

発行年月日:1953年3月1日 ~ 1954年6月30日
編集者:日本応用心理学会
発行所:株式会社 中山書店
学会選出編集委員:
【責任編集委員】【特別監修委員】
   日本女子大教授児玉 省こだま はぶく    慶大教授林 髞はやし たかし
教育大教授小保内 虎夫おぼない とらお 順天堂大教授縣田 克躬かけた かつみ
東大教授相良 守次さがら もりじ 教育大教授杉 靖三郎すぎ やすさぶろう
早大教授戸川 行男とがわ ゆきお
(ABC順)
心理学講座の完成
心 理 学 講 座 の 完 成
日本応用心理学会

 心理学講座の第一回配本を世に送ったのは昨年の一月半ばであったが,それから一年半の間,毎月1回ずつの配本を欠かさず続け,ついに十六回配本をもってここに完成を見るにいたった。
 欧米にはすでに心理学関するりっぱな叢書やハンドブックがあるのに,ひとりわが国のみ心理学の研究業績を正しく伝えるに足る標準書がなかったことを深く憂えていたわが日本応用心理学会が,ついに多年の宿願をここに達成したことは,最近の業界における一大快事といはねばならない。
 編集のあとを省み,この種の刊行物にはさけがたい,内容に関する多少の起伏や,編集上の技術に難点がないとは言えないが,今後のわが国心理学界の発展の土台となる高度の学術的なスタンダードを打ち立てたことは,われわれの誇りとするところである。
 しかし長期間にわたり,心理学界はもとより,広く隣接諸科学にたずさわる方方,および一般文化人の強力なる御支援と御協力とがなかったなら,このような壮挙も到底なしとげられなかったであろう。
 これらの美わしい御協力に対し,この機会に深い感謝の意を表したい。

第1回配本
1953年3月1日発行
第2回配本
1953年4月15日発行
第3回配本
1953年5月15日発行
第4回配本
1953年6月15日発行
第5回配本
1953年7月10日発行
第6回配本
1953年8月31日発行
第7回配本
1953年9月30日発行
第8回配本
1953年10月31日発行
第9回配本
1953年11月30日発行
第10回配本
1953年12月15日発行
第11回配本
1954年1月30日発行
第12回配本
1954年2月27日発行
第13回配本
1954年3月31日発行
第14回配本
1954年4月30日発行
第15回配本
1954年5月31日発行
第16回配本
1954年6月30日発行

※心理学講座1回配本~16回配本の全てを国立国会図書館に寄贈しました。

心理学講座配本附録 「心理学講座たより」

別名「月報」と称する小冊子であり,当時の執筆者に論文とは趣向を変え,自由なテーマで執筆。各配本に収められていた附録の冊子である。

編集者:日本応用心理学会
発行所:株式会社 中山書店

心理学講座たより

 第1回配本附録  第2回配本附録  第3回配本附録  第4回配本附録
 第5回配本附録  第6回配本附録  第7回配本附録  第8回配本附録
 第9回配本附録  第10回配本附録  第11回配本附録  第12回配本附録
 第13回配本附録  第14回配本附録  第15回配本附録  第16回配本附録

第15回・第16回配本附録は,日本幼年教育会より拝受。

相談部会

第1回プログラム 女子美術大学 1961年4月29日~30日