日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Page Print This Page

戦前の東西応用心理学会

戦前の学会開催の変遷

 戦前,応用心理学的会合は,東京と関西それぞれでおこなわれていた。また,両応用心理学会は1934年からは合同で,1年おきに大会を開催していた。

[関西]大正から昭和初期のころの会の動向(1927年 ~ 1933年)

 大正10年 ~ 15年頃,倉敷労働科学研究所,大阪府立産業能率研究所,愛知県立児童相談所,神戸市立児童相談所,京都府少年教育相談所などが設立され,いずれにおいても,臨床的テスト研究がさかんであった。このため,京都府立少年教育相談所の千葉信は,それらテスト研究についての連絡と一堂に会しての討議の必要を感じ,藤沢乙夫同研究所長,さらには京都帝大の岩井勝二郎に提案,賛意を得て,次のような関係各相談所,研究所の人々に呼びかけをおこなった。
  大阪府立産業能率研究所所長 伊藤 熊太郎
  愛知県立児童研究所所長   丸山 良二
  神戸市立児童相談所     田中 政太
  その他京都中央職業紹介所,京都七条職業紹介所,
  大阪中央職業紹介所,神戸中央職業紹介所の各所長,関係者。
 以上の人々の賛意を得,それを岩井に報告したところ,岩井は,倉敷労働科学研究所の桐原葆見きりはら しげみ所長に連絡し,その結果,1926年暮れ,外遊中の野上俊夫京都帝國大學教授の帰国をまって,第1回の会合をもとうということになった。

第1回の研究会

 1927年4月10日頃おこなわれた。出席者は野上俊夫(京大教授),岩井勝二郎(京大助教授),桐原葆見(倉敷労研所長),藤沢乙夫(京都府少年教育相談所所長),千葉信(同主任研究員),伊藤熊太郎(大阪府立産業能率研究所所長),松行翁介(同研究員),丸山良二(愛知県立児童研究所所長),田中政太(神戸市立児童相談所所長),緒方(神戸中央職業紹介所所長),谷口直彦(同少年部長テスト担当),福井宗次郎(大阪中央職業紹介所・同少年部長テスト担当),ほか京都の2ヵ所の職業紹介所所長とテスト係4名。合計16名。当時テストというものがまだ完成していなかったため,テスト(知能テストを含む)についての研究発表と討議であった。
 会の終わり近く,出席者から非常に良い研究会であったので定期的にこれをおこなおうという提案があり,また(おろらくは桐原の提案で),関西応用心理学会として発足させるという動議が出され,満場一致の賛同を得,この日の会合を第1回とするということになった。

[東京]昭和初期の学会設立と会の開催(1931年 ~ 1933年)

 在京の応用心理学関係者の間に,相互の連絡協調懇親のために学会設立の議が起こり,1931年6月14日,第1回應用心理學會の会合が東京帝國大學航空研究所航空心理部を当番としておこなわれた。同会は応用心理学者及び実際家間の懇親研究調査上の連絡を図ることを目的としており,第1回の会合では,「思想調査法」及び「児童個性調査法」の2つを主題とした。
 「應用心理学論文集」第8集(1957)所収の「渡辺徹教授と日本応用心理学会」には,「応用心理学会」は心理学を一層社会・人生に応用して役立つものにしなければならないという立場から,渡辺徹,田中寛一,淡路圓治郎が中心となって,大いに奔走され,新たに学会を創立したと述べられている。

両学会の合同大会

 東西合併の応用心理学会は,1934年4月6日午前9時,京都帝國大學法学部第九教室において開催され,野上俊夫の開会の辞に続いて研究発表がおこなわれた。7日午後4時全ての発表を終わり,病気で欠席の松本亦太郎まつもと またたろうにかわり城戸幡太郎きど まんたろうが閉会の辞を述べて散会。

心理学会大会の開催

 日本心理学会,(東京)応用心理学会,(関西)応用心理学会,その他心理学関係の諸学会を統合する新しい発展的学会の設立が要望され,これに対して上記の学会がそれぞれ「解消」の決議をした。そして,1941年7月20日,既存の種々の心理学系の学会を統合する「心理学会」が成立した。
 6月下旬に会則その他が決定し,7月1日付で各学会の全会員に,新学会設立及び創立総会についての案内状が発送された。総会は7月20日に開催される予定だったが,中旬になって時局柄輸送輻輳のため不急の旅行,全国的各種会合は一切これを取り止めるよう通達があったので,これを延期することに決定,出席予定の会員に対してはその旨通知した。
 しかし,新学会の設立は早急におこなうべきであるとの考えから「7月20日を以て新学会は成立致したるものなることを,‥‥‥宣言」し,心理学会として各学会の統合が完成したものとされた。そして,7月から延期された総会は,10月26日,「創立大会」として開催された。心理学会による大会は,1942年と翌年,2回開催された。


[関西] [東京]
開催 代表あるいは
大会(準備)委員長
開催 当番幹事
1 1927年 4月10日頃
京都大学楽友会館
野上 俊夫  
2 1927年10月12日
大阪府立産業能率研究所
伊藤 熊太郎
3 1928年初夏
神戸中央職業紹介所
緒方 庸雄
4 1928年秋
名古屋高等商業学校
古賀 行義
5 1929年 5月26日
倉敷労働科学研究所
桐原 葆見
6 1929年秋
京都大学楽友会館
野上 俊夫
7 1930年 4月28日
大阪中山文化研究所
堀口 潤一郎
8 1930年10月25日
神戸商業大学兼松記念館
小川教授
9 1931年 6月 7日
倉敷労働科学研究所
桐原 葆見 1 1931年 6月14日
東京帝国大学航空心理部
 
10 1931年10月17日
名古屋高等商業学校
宇都宮 仙太郎 2 1931年10月25日
日本大学
渡辺 徹
11 1932年 5月28日
広島文理科大学
久保 良英 3 1932年 6月 5日 or 7日
東京文理科大学
田中 寛一
12 1932年10月29日
京都市児童院
田寺 篤雄 4 1932年11月13日
東京帝国大学(本郷)
桑田 芳蔵
13 1933年 6月20日
大阪府立産業能率研究所
伊藤 熊太郎 5 1933年 6月 4日
体育研究所
松井 三雄
14 1933年10月21日
兵庫県立児童相談所
田中 政太 6 1933年10月29日
法政大学
城戸 幡太郎
15 ※第15回としてカウント 野上 俊夫 1934年 4月 6日 ~ 7日
第1回の応用心理学会合同大会
京都帝国大学
16 1934年10月 6日
倉敷労働科学研究所
桐原 葆見 7 1934年 9月16日
立教大学
岡部 弥太郎
17 1935年 5月12日
名古屋高等商業学校
宇都宮 仙太郎 8 1935年 6月 9日
早稲田大学
赤松 保羅
18 1935年10月16日
大阪府立産業能率研究所
伊藤 熊太郎 9 1935年10月27日
慶應大学(日吉)
横山 松三郎
19 ※第19回としてカウント 久保 良英 1936年 4月 2日 ~ 3日
応用心理学会第2回合同大会
広島文理科大学
(日本応用心理学会第2回大会)
20 1936年10月24日
関西学院大学
今田 恵 10 1936年10月11日
日本女子大学校
 
21 1937年 5月15日
同志社大学
本宮 弥兵衛 11 1937年 5月16日
東京女子高等師範学校
付属幼稚園
倉橋 惣三
22 13804
名古屋高等商業学校
  12 1937年11月7日
日本労働科学研究所
(会場は府立10高女)
桐原 葆見
  ※この回に限り,カウントしない 1938年 4月 2日 ~ 4日
日本応用心理学会第3回大会
東京帝国大学心理学研究室と
東京帝国大学航空研究所航空心理部
23 1938年11月27日
大阪府立産業能率研究所
  13 1938年11月13日
佐藤新興生活館
高良 富子
24 1939年 6月10日
関西学院大学
今田 恵 14 1939年 6月11日
東京科学博物館
水野 常吉
25 1939年10月
兵庫県立児童研究所
  15 1939年11月12日
東京文理科大学
田中 寛一
26 ※第26回としてカウント 野上 俊夫 1940年 4月 1日 ~ 3日
日本応用心理学会第4回大会
京都帝国大学
27 1940年秋   16 1940年11月17日
佐藤新興生活館
兼子 宙
28 1941年春   17 1941年 6月 8日
司法省構内法曹会館
増田 幸一
  ※心理学会関西地方会 こ こ で 中 断
29 1941年秋
神戸職業安定所
  心理学会 1941年 7月20日 ~
30 1942年 6月14日
兵庫県立児童研究所
 
31 1942年11月
奈良学芸大学
 
32 1943年 7月 4日
大津女子師範学校
 
33 1943年秋
同志社大学
本宮 弥兵衛
34 1944年春  
35 1944年秋  
36 1945年春
京都中央児童相談所
 
37 1945年12月 9日
京都北白川「愛国寮」