日本応用心理学会 Rotating Header Image

電子投稿システム

 応用心理学研究(Japanese Journal of Applied Psychology)は,自らの研究成果を自由に投稿できる学術雑誌です。

 以下に用意してある資料を熟読,参照し執筆してください。
 現在「投稿・執筆規程」は改訂中です。旧版の「応用心理学研究」投稿・執筆規程を掲載してあります。「学会事務局」,「郵送で送付」など現状にそぐわないものがありますので,それらは読み替えてください。

  「応用心理学研究」投稿・執筆規程旧版

  「応用心理学研究」機関誌編集規程(平成30年8月25日施行)

  電子投稿システム・汎用マニュアル(投稿者用)

郵送での論文投稿は,受け付けておりません。

2018年7月2日より本稼働

 論文は,電子投稿システムで投稿を受け付けています。
 投稿は,編集委員会の日程に関係なく,随時受け付けし審査を開始しています。

【論文の種類】

※規程の改訂により「名称」,「ページ数」が変更されることがあります。
  • 原著:図,表を含めて本誌6~10ページ以内に収まる分量とする。
  • 総説:図,表を含めて本誌6~10ページ以内に収まる分量とする。
  • 資料:図,表を含めて本誌6~10ページ以内に収まる分量とする。
  • 短報:図,表を含めて本誌見開き2ページとする。
  • 実践報告:図,表を含めて本誌6~10ページ以内に収まる分量とする。
  • その他:図,表を含めて本誌6~10ページ以内に収まる分量とする。

【原稿】

  1. タイトル(著者連絡先・謝辞)
  2. 本文(下の書式を参考にして原稿を組み上げてください)

【本文】

  • 本文については,原稿ページ枚数確認のため次の書式にて,原稿を作成してください。
  • 原著・総説・資料・実践報告・その他
    1ページは1,978文字(1行23文字で43行,2段組)。
    短報
    1ページは2,444文字(1行26文字で47行,2段組)。
  • 査読はダブルブラインドを採用しています。
    本文には,著者が特定できる氏名や所属は書かないでください。
  • 指定のページ数は,タイトル,著者名,英文アブストラクト,本文,注釈等をすべて含めてのページ数になりますので,ご注意ください。
  • 見やすいサイズにて,本文内に貼り付けるようにしてください。
  • 短報は,ページ数が2ページと決まっています。文章を収めようとして,過度に図や表を縮小して本文内に挿入しないでください。

 論文投稿および審査を希望される方は,下のリンク(電子投稿システム)をクリックしてログインしてください。

電子投稿システム

※画像をクリックするとページが開きます

[日本応用心理学会 機関誌編集事務局]

 〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町518 司ビル3F
        株式会社 国際ビジネス研究センター内

  ※問い合わせフォームによる機関誌編集事務局へ連絡は こちら