日本応用心理学会 Rotating Header Image

[お知らせ]公開シンポジウム2019

[テーマ] 「妖怪と心理学:私たちが得たもの失ったもの」

 「妖怪」は古来,類まれなる多様性と社会や人間に対する機能を持ち,我々日本人の社会や文化に溶け込んできた。しかしながら,現代の「妖怪」は娯楽という社会的機能のみを持つキャラクターと化してしまった。このような「妖怪」の社会的機能や位置付けの変化は,日本人の心理的側面にも変容をもたらしたと考えられる。本シンポジウムでは,現代社会で喪失し,また,新たに獲得した「妖怪」について,心との関連を通し,深く考察してみたい。
[日時] 2018年11月30日(土)
       13時30分~16時00分(予定)

[場所] 東洋大学 白山キャンパス
     1号館1608教室
     〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
     ◆入場・参加費無料(事前申込み不要)

[企画] 日本応用心理学会 企画委員会
     桐生 正幸 氏(東洋大学,(社)社会行動研究会)

[共催] (社)社会行動研究会


画像をクリックすると拡大表示

[話題提供者]
(1) 軽部 幸浩 氏(日本体育大学)
(2) 高橋 綾子 氏(東洋大学)
(3) 飯倉 義之 氏(國學院大學)
[指定討論者]
  吉川 肇子 氏(慶應義塾大学)
[司会]
  桐生 正幸 氏(東洋大学,(社)社会行動研究会)

アクセス

※駐車場のご準備がありません。公共交通機関でお越しください。
※下記の画像をクリックすると,詳細がご覧いただけます。

東洋大学 白山キャンパス