日本応用心理学会 Rotating Header Image

大会

特別講演:Well-beingを目指すコミュニケーション研究

日時:9月2日(木) 10:40~11:40
会場:札幌市立大学 桑園キャンパス 大講義室

講演者
  大坊 郁夫(東京未来大学)

 人と人を結ぶために欠かせないコミュニケーションは空気みたいなものである。自分の個性を築き,社会的な帰属性を得るのもコミュニケーションすることによってのみ可能である。
 相互の意見を交える場合の言葉の用い方は論理的,意識的になされるものの,日常的な多くの場面では,コミュニケーションしていること自体に気づいていないことも多い。いわゆる非言語的コミュニケーションにその例を多く見ることができる。しかし,暗黙裡に行っている行動にこそ,当該者の本音が表れやすく,多くの規則性を知ることができる。これまでのコミュニケーション研究において多数の規則性が明らかになってきている。
 さらに,コミュニケーション・メディアの革新によって,コミュニケーションの方法の変化のみならず,チャネルの持つ機能自体も変化しつつある。加えて,コミュニケーションは多くのチャネルによって構成されており,個々の持つ機能と総体的な働きを勘案する必要がある。
 コミュニケーションの目的は,自分のメッセージを正確に伝え,相手のメッセージを過不足なく受け取り,互いに「分かりあう」,「満足できる」関係を築くこと,そして,その関係を拡張し,自他の違いを認めつつも,住みやすい社会を維持していくことであろう。これは,換言するならば,個人のwell-beingの向上を目指しつつ,同時に社会のwell-beingを目指すことに外ならない(両者は背反的に捉えられがちだが,個人は社会に含まれ,社会は個人によって成り立つので,本来は背反的ではない)。コミュニケーション研究においては,メディア環境を勘案しつつ,個人の行動と対人関係ひいては社会の有り様を同時に考える必要がある。
 このような視点を踏まえて,以下の諸点について述べたい。

  1. コミュニケーションの機能を総合的に捉える
  2. コミュニケーション・チャネルを複合的に扱う
  3. 場を活性化するコミュニケーション行動
  4. コミュニケーション・スキルを向上させる研究
  5. well-beingな社会を目指すためのコミュニケーション研究

scu_dsc06822
scu_dsc07133 scu_dsc07156 img_0574
scu_dsc07153 scu_dsc07141

第83回大会(二日)

日本応用心理学会 第83回大会
会期:2016年9月1日(木)~2日(金)
会場:札幌市立大学(北海道・桑園キャンパス)
大会委員長:山本 勝則
大会副委員長:守村 洋
大会事務局長:藤井 瑞恵

scu_dsc07165 scu_dsc07159 scu_dsc07164
scu_dsc07160
cimg0421 cimg0423 cimg0427
img_0795 img_0794 img_0797

第83回大会(懇親会)

日本応用心理学会 第83回大会懇親会
時間:18:00 ~ 20:00
場所:札幌全日空ホテル札幌 24階 白楊の間

札幌市立大学 YOSAKOI ソーラン部 ~真花(まなか)
札幌市立大学 YOSAKOI ソーラン部 ~真花~
※画像をクリックすると動画が再生されます

[Web]YOSAKOIソーラン部 札幌市立大学~真花~
[Facebook]札幌市立大学 YOSAKOIソーラン部~真花~
[Twitter]札幌市立大学~真花~ @scu_manaka


img_0662 img_0630 img_0631
img_0632 img_0633 img_0634
img_0635 img_0636 img_0637
img_0638 img_0639 img_0712
img_0654 img_0674 img_0679
img_0680 img_0683 img_0685
img_0695 img_0698 img_0706
scu_dsc07074 scu_dsc07072
img_0728 img_0729 img_0733
img_0736 img_0737 img_0739
img_0743 img_0744 img_0746
img_0753 img_0756 img_0757
img_0759 img_0762 img_0774
img_0780 img_0782

大会委員会企画:連続講演

日時:9月1日(木) 13:10~15:10
会場:札幌市立大学 桑園キャンパス 大講義室

司会者 山本 勝則(札幌市立大学)

講演者
  深澤 伸幸(東京富士大学)
  中村 惠子(札幌市立大学)

 応用心理学は,人の認知および行動と,現実社会で生起する事象との関連を扱うことが多い学問分野です。
 生起した事象を解明するためには情報収集と分析が行われますが,原因や影響要因を明らかにするために,シミュレーションが用いられることがあります。出来事をシミュレーションで再現することは,事象の解明の有力な手段です。そして,その後の対策を検討するためにも役立ちます。一方,シミュレーションは,今後生起する事象を想定して,そこで人が行うことを求められる行動を身に付ける訓練に用いられることもあります。将来に向けた技術トレーニングとしてのシミュレーションは,必要な技術を身に付けるための強力な手段です。そしてそれと共に,直面することが予想される状況に取り組むための,心準備としても役立ちます。
 このような性質を有するシミュレーションは,昨今,技術開発,リスク管理,技術トレーニングなど様々な分野で用いられています。この連続講演では,シミュレーション研究とシミュレーション教育に詳しい,二人の先生をお迎えしてお話をしていただくことにしました。
 深澤伸幸先生には,事故とヒューマンエラーとの関連を解明するために,シミュレーションを活用する方法についてお話いただきます。
 中村惠子先生には,看護教育・看護継続教育場面での技術トレーニングへのシミュレーションの活用についてお話いただきます。
 技術開発,リスク管理,技術トレーニングなどの実践的課題に取り組むために,そこで生じている認知と行動の分析と行動変容を目的としたシミュレーションの活用の可能性を,実践例を通して検討したいと思います。
 シミュレーションは,シミュレートされる現実との関係では,仮想現実です。しかし,現代社会は,デジタル化の進展に伴って,あらゆる分野でバーチャルな世界が優勢になりつつあります。特に,札幌は“初音ミク”発祥の地と言われ,仮想現実が,現実世界で市民権を得た場所です。リアルとバーチャルを繋ぐシミュレーションについて,応用心理面からの可能性を語るのにふさわしい場であると思います。

scu_dsc06899 scu_dsc06822
scu_dsc06905 img_0528 img_0527
scu_img_0159 scu_img_0160 img_0529

第83回大会(一日)

日本応用心理学会 第83回大会
会期:2016年9月1日(木)~2日(金)
会場:札幌市立大学(北海道・桑園キャンパス)
大会委員長:山本 勝則
大会副委員長:守村 洋
大会事務局長:藤井 瑞恵

img_0486 img_0515
img_0449 img_0448 img_0446
img_0549 img_0461 img_0462
img_0464 img_0546 img_0548
img_0498 img_0109 img_0106
cimg0407 cimg0408 cimg0400
img_0563 img_0518 img_0561
img_0566 img_0560
img_0617 scu_img_0138 img_0621
img_0627 img_0626 img_0625
img_0572 img_0629 img_0628

第82回大会 優秀大会発表賞受賞者

 先日の常任理事会で,第82回大会における優秀大会発表賞受賞者が決定しました。
 おめでとうございます。

日本応用心理学会第82回大会「優秀大会発表賞」

日本応用心理学会    
優秀大会発表賞選考委員会

 以下の発表が受賞となりました。おめでとうございます。

 第82回大会(2015年)

「口頭発表」部門

魅力を高めるためにスキルは必要?  初対面異性ペアによる検討
 ○仲嶺 真(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
  相羽 美幸(東洋学園大学人間科学部)

「ポスター発表」部門

[第1部門] 原理・認知・感情
着装基準尺度の作成の試み  20代を対象とした場合
○松原 詩緒(文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科)
[第2部門] 教育・発達・人格
手は口ほどにものを言う
    手指把握制御機能測定装置(握り圧計)を用いた乳幼児期の発達診断と
     療育相談の可能性
 ○田中 真介(京都大学大学院人間・環境学研究科)
  横井川 美佳(京都市児童療育センターなないろ)
  清水 依子(神戸市立有野北中学校)
[第3部門] 臨床・福祉・相談
該当者なし
[第4部門] 健康・スポーツ・看護・医療
看護師コンピテンスを規定する要因の探索的検討
    看護師コンピテンス尺度を用いた現場看護師の調査
 ○有吉 照子(三井記念病院)
[第5部門] 犯罪・社会・文化
自動車に対する悪戯傷の検討1  実験による加害行動の分析
 ○遠入 孝(PIF研究会)
  阿部 光弘(三井住友海上火災保険株式会社)
  桐生 正幸(東洋大学)
自動車に対する悪戯傷の検討2  聞き取り調査による動機の検討
 ○阿部 光弘(三井住友海上火災保険株式会社)
  遠入 孝(PIF研究会)
  桐生 正幸(東洋大学)
[第6部門] 産業・交通・災害
友人の同乗による心理的影響の規定因に関する研究
 ○今井 靖雄(帝塚山大学大学院心理科学研究科)
  蓮花 一己(帝塚山大学心理学部)
[敬称略,○印は責任発表者,所属は受賞当時,順不同]

特別講演:
応用心理学会の歴史と活動,来し方と将来への期待

日時:9月6日(日) 10:40 ~ 11:40
場所:東京未来大学 B422

正田 亘
  日本応用心理学会 名誉会員
  立教大学名誉教授

  1. 戦前の応用心理学会
  2. 日本心理学会と応用心理学会
  3. 国会への建議案提出
  4. 応用心理学会の年次大会
  5. 応用心理学会内の部会
  6. 部会活動の実践例
  7. 単行書・叢書関係刊行
  8. 学会編纂の雑誌刊行
  9. 機関誌『応用心理学研究』
  10. 第22 回国際応用心理学会開催
  11. 「応用心理士」資格導入
  12. 事務局の変遷
  13. 運営体制の組織変更
  14. 看護領域研究の台頭
  15. 『日本応用心理学会史』刊行
  16. 『応用心理学事典』刊行
  17. 広報誌「応用心理学のクロスロード」発行
  18. 将来への期待

masada_01 20150906_cimg0062 20150906_cimg0066
20150906_img_9430 20150906_cimg0064 20150906_cimg0069
※各画像はクリックで拡大表示されます

第82回大会(二日)

日本応用心理学会 第82回大会
会期:2015年9月5日(土)~6日(日)
会場:東京未来大学
大会委員長:角山 剛
副委員長:出口 保行
事務局長:鈴木 公啓

20150906_cimg0054 20150906_cimg0056 20150906_cimg0060
20150906_img_9354 20150906_img_9357 20150906_img_9358
20150906_img_9362 20150906_img_9364 20150906_img_9369
20150906_img_9373 20150906_img_9374 20150906_img_9374
20150905_cimg0035 20150905_cimg0038 20150906_cimg0086
20150906_cimg0089 20150906_img_9470 20150906_img_9478
20150906_img_9485 20150906_cimg0090
20150906_82a
※各画像はクリックで拡大表示されます

第82回大会(懇親会)

日本応用心理学会 第82回大会懇親会
時間:18:00 ~ 20:00
場所:東京未来大学 学生ホール

20150905_img_9196 20150905_img_9200 20150905_img_9207
20150905_img_9212 20150905_img_9213 20150905_img_9228
20150905_img_9220 20150905_img_9221 20150905_img_9222
20150905_img_9223 20150905_img_9224 20150905_img_9225
20150905_img_9226 20150905_img_9227 20150905_img_9247
20150905_img_9274 20150905_img_9279
20150905_img_9283 20150905_img_9289
20150905_img_9300 20150905_img_9308 20150905_img_9316
20150905_img_9318 20150905_img_9322
※各画像はクリックで拡大表示されます

大会企画シンポジウム:
住みにくい,生きにくい社会をwell-being社会にする
~共生社会を築く応用心理学の実践~

日時:9月5日(土) 13:40 ~ 15:40
場所:東京未来大学 B422

司会者
  田中 真介(京都大学国際高等教育院)

話題提供者
  紀藤 正樹(弁護士,リンク総合法律事務所所長)
  桐生 正幸(東洋大学社会学部)
  出口 保行(東京未来大学こども心理学部)

指定討論者
  太刀掛 俊之(岡山大学学生支援センター)

 誰もが住みやすい社会で自分の価値を高め,満足した生き方をしたいと考えているものの,現実にはそう簡単ではない。時には,自分の意思とは関係なく,理不尽な誘惑を受けたり,気づかないままに,特定の集団のメンバーとして抜き差しならない状況に陥っている場合もある。しかも,それは,年齢にはかかわらない。「オレオレ詐欺」,「悪徳商法」,「エセ宗教カルト」などの悪弊は後を絶たない。しかも,残念なことは,これらの被害の背景には,いい人生をおくりたい,他人を助けたいなどwell-beingを目指す心があることである。誰もが満足できる幸せな社会に生き,価値ある人生をおくりたいと願いながら,それが裏切られる。そこからどのようにして脱却するのか,個々人がどう行動し,どのような人間関係,社会を築く努力をすればいいのであろうか。若者,シニア世代,コミュニティ社会を各々の切り口として,3人の話題提供を受けて考え,アクションを取る工夫をしていきましょう。

20150905_img_9033 20150905_img_9035
sympo_a01 20150905_img_9046
sympo_b01 20150905_img_9057
sympo_c01 20150905_img_9071
20150905_img_9081
20150905_img_9034 20150905_img_9042 20150905_img_9083
20150905_img_9038 20150905_img_9048 20150905_img_9053
※各画像はクリックで拡大表示されます