日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Post Print This Post

公開シンポジウム[2009]

[テーマ] 目撃証言・供述は信用できるか  裁判員制度と応用心理学

[日 時] 平成21年12月5日(土) 午後1時30分~16時00分

[会 場] 駒澤大学 1号館 204教室

シンポジウム 2009のポスタ
※画像はクリックで拡大表示されます

[企画]
  田之内 厚三(麻布大学)

[司会]
  細江 達郎(岩手県立大学)

[話題提供者]
目撃証言の誤りの原因を考える
  厳島 行雄(日本大学)
裁判員の判断における感情と直感について
  伊東 裕司(慶應義塾大学)
裁判員制度・被害者参加制度が心理学研究にもたらす新たな可能性
  藤田 政博(政策研究大学院大学)

[指定討論者]
  伊藤 芳朗(弁護士)
  齊藤 勇(立正大学)


公開シンポジウムは多くの皆さまにご参加いただき,
盛会のうちに終えることができました。