日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Post Print This Post

メールニュース Vol. 113 2017年1月17日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 113
2017年1月17日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
 先日の常任理事会で,第83回大会における優秀大会発表賞受賞者が決定いたしました。
学会賞選考委員会より連絡がありましたので会員のみなさまにお知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 第83回大会「優秀大会発表賞」について
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

日本応用心理学会    
優秀大会発表賞選考委員会

 以下の発表が受賞となりました。おめでとうございます。

◆◆◆ 第1部門 原理・認知・感情 ◆◆◆
物体の慣性系情報が持ち上げ時に知覚される重さに与える影響
 ━ 手元から物体重心までの距離の影響 ━
○川合 悟(帝塚山大学心理学部心理学科,
      帝塚山大学大学院心理科学研究科)
 渡邉 拓人(帝塚山大学大学院心理科学研究科)
 小原 宏基(帝塚山大学大学院心理科学研究科)

◆◆◆ 第2部門 教育・発達・人格 ◆◆◆
動詞の誕生 ━ 幼児期における主体と対象の動きをとらえた言語表現の生成過程 ━
○萩原 広道(京都大学大学院人間・環境学研究科)
 田中 真介(京都大学国際高等教育院)

◆◆◆ 第3部門 臨床・福祉・相談 ◆◆◆
歩行観察における印象評価と動作評価の関係 ━ オノマトペと歩行異常性尺度を用いて ━
○大桐 将(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
 来田 宣幸(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)

◆◆◆ 第4部門 健康・スポーツ・看護・医療 ◆◆◆
看護師の情動知能尺度の信頼性と妥当性
○中島 正世(神奈川大学大学院人間科学研究科)
 杉山 崇(神奈川大学大学院人間科学研究科,神奈川大学)

◆◆◆ 第5部門 犯罪・社会・文化 ◆◆◆
謝罪による信頼回復 ━ 逆転効果を巡る検討 ━
○渥美 惠美(東北福祉大学健康科学部)
 大渕 憲一(放送大学宮城学習センター)

◆◆◆ 第6部門 産業・交通・災害 ◆◆◆
企業のワーク・ライフ・バランス施策が従業員の離職抑制をもたらす
 心理学的メカニズム
○鄭 有希(学習院大学国際社会科学部)
 竹内 規彦(早稲田大学大学院経営管理研究科)

[敬称略,○印は責任発表者,所属は受賞当時,順不同]

以上