日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Post Print This Post

メールニュース Vol. 90 2016年2月29日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 90
2016年2月29日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
日本心理学諸学会連合より「日本学術会議公開シンポジウム」の案内がありましたので,会員の皆様にお知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日本学術会議公開シンポジウム
人間理解を支える心理学としての社会貢献:公認心理師資格を考える
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

主催: 日本学術会議心理学・教育委員会社会のための心理学分科会
後援: 日本心理学諸学会連合,日本心理学会
 
開催日時: 2016年3月20日(日)13:00~17:00
開催場所: 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口
参加費: 無料(事前申込不要)
 
スケジュール
13:00  趣旨説明
長谷川寿一(日本学術会議連携会員、東京大学)
13:15  「日本心理学諸学会連合の活動と公認心理師の未来」
子安増生(京都大学)
14:15  「社会のための臨床心理学:エビデンスと実践」
丹野義彦(日本学術会議第一部会員、東京大学)
15:15  臨床心理学以外の「心理学の社会貢献:子どもの証言と司法面接
仲真紀子(日本学術会議第一部会員、北海道大学)
16:15  パネルディスカッション
「心理学が社会に役立つ存在となるために『公認心理師』はどう関わるか」
パネラー:登壇者全員
 
司会: 坂本真士(日本学術会議連携会員日本大学)
原田悦子(日本学術会議連携会員筑波大学)
以 上