日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Post Print This Post

メールニュース Vol. 86 2015年12月25日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 86
2015年12月25日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
 日本パーソナリティ心理学会より公開シンポジウムのお知らせがございましたので,会員のみなさまにお知らせいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日本パーソナリティ心理学会経常的研究交流委員会主催 公開シンポジウム
『アドラー心理学からの提言:あなたのパーソナリティをどう活かすか』
のご案内

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■企画タイトル
「アドラー心理学からの提言:あなたのパーソナリティをどう活かすか」
日時: 2016年3月19日(土)14:00~16:30
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス11号館913号室
 〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
 https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
企画: 日本パーソナリティ心理学会 経常的研究交流委員会

話題提供: 向後千春(早稲田大学)
小塩真司(早稲田大学)
堂坂更夜香(早稲田大学)
司会: 柄本健太郎(東京学芸大学)
参加費等: 無料です。
事前申し込みも不要ですので直接会場にいらしてください。
研究者に限らず,一般の方の参加も歓迎します。
企画主旨: アドラーの理論には,パーソナリティに近い概念としてライフスタイルがあります。ライフスタイルは,学習を通じて個々人が獲得していくものであり,自他のライフスタイルを知ることで,教育,医療,看護,子育て等,様々な領域で「自分の特徴を活かした働き方や学び方」,「自分と異なる他者との協働」等が促進されると考えられます。そこで,本シンポジウムでは,パーソナリティの一形態としてライフスタイルを取り上げ,パーソナリティとアドラー心理学それぞれをご専門とした先生方に話題提供していただき,また,(1)自分や他者のパーソナリティを知る方法(2)パーソナリティの活かし方について議論していきます。
問い合わせ: 東京学芸大学 柄本 健太郎(つかもと けんたろう)
 tsukamot@u-gakugei.ac.jp(@を半角に)