日本応用心理学会 Rotating Header Image
Print This Post Print This Post

メールニュース Vol. 53 2014年12月6日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
日本応用心理学会 メールニュース Vol. 53
2014年12月6日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本応用心理学会会員各位

 日本応用心理学会会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のこととご拝察申し上げます。

さて,
 日本心理学諸学会連合(上野一彦理事長)より,「公認心理師」についてのメッセージが届きました。
本学会会員の皆様に広くご案内いたします。詳細はこちら(添付の文書)をご覧ください。または,日心連のホームページにお進みください。

日心連ホームページの URL はこちら(http://jupa.jp/ )です。


添付文書の抜粋
——————————————————————–

『公認心理師法案』再提出のお願い

 『公認心理師法案』につきましては、これまで長年にわたる心理職者並びに医療団体の意見集約、関係各職種の皆さま、当事者の皆さまのご理解の中、関係国会議員の先生方のなみなみならぬご尽力のもとに、平成26年6月16日に国会提出に至りました。この経緯を重く受け止め、私どもとしましては、来年1月からの通常国会に6 月に提出されました『公認心理師法案』が再提出されますことを強く要望いたします。
 別紙で「三団体要望書」提出団体〔臨床心理職国家資格推進連絡協議会(25団体)、医療心理師国家資格制度推進協議会(25団体)、日本心理学諸学会連合(50団体)〕の資料を添付いたします。